タイトルロゴ

伊藤浩一のMOBILE FREEDOM・快適SIMフリースマホライフ

「伊藤浩一のMOBILE FREEDOM」は、モバイル、スマートフォンを自由に使うためのノウハウを紹介します。SIMフリースマートフォン、MVNOサービスSIMなどの活用方法を是非ご覧ください。

SIMカード

必須アイテムSIMフォルダー

SIMフリー端末を使っていると、いつの間にかSIMカードがどんどん増えていきます。通信定額の安いSIMカードを入手していくので、買い増しをすることが多くなります。また、海外に行く度に、短期間の定額通信SIMカードを購入するため、旅行の度に増えていくことになります。そこで、SIMフリーユーザーにとって必須のアイテムとして、SIMフォルダーがあります。電脳中心買物隊にて扱っています。

クレジットカードサイズSIMカードホルダー(2枚セット + ピン2個付き)
http://www.kaimonotai.com/11664.html

私は、財布に入れて常備しています。こんな感じです。
13726791123561
続きを読む

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMが6月14日発売

NTTドコモのMVNOサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)」は、一番安いプランの200kbpsの速度制限も、概ね200kbps以上の速度が出るため、非常に人気の高いサービスです。さらに、「ミニマムスタートプラン」は速度が200kbpsのみのプランでしたが、6月1日よりバンドルクーポンとして500MBまでLTEのフルスピードが利用できるようになり、より便利になりました。

そして、今回、店頭購入と公衆無線LANの利用ができる「IIJmioウェルカムパック for BIC SIM」が6月14日に発売になります。

【2013年06月14日発売以降順次お届け予定】IIJIIJmioウェルカムパック for BIC マイクロSIM [IMB009]
【2013年06月14日発売以降順次お届け予定】IIJIIJmioウェルカムパック for BIC マイクロSIM [IMB009]

続きを読む

b-mobile 4Gで低額にて通信活用

SIMフリースマートフォンを使うメリットとしては、端末により通信キャリアの縛りがなくなることにあります。その中でも魅力的なのが、月額の通信料金を抑えた運用ができることです。

スマートフォンの通信料は、月額低額で、4000円〜6000円がかかるのが一般的です。ここに、通話の月額プランが載ってきますので、さらに月額運用費がかかります。この費用を少しでも抑えたい、そんなユーザーにとって、SIMフリーは魅力的な端末です。

SIMフリー端末で利用できるSIMカードの中で、人気が高いのは、月額500円〜2500円程度で、通信専用で利用できるSIMカードです。月額が抑えている分、通信専用となりますが、複数のスマートフォンやタブレットを運用しているユーザーは、2台目、3台目で、この低額通信専用SIMカードにて運用すると良いでしょう。

今回紹介するSIMカードは、日本通信の「b-mobile 4G」です。こちらのSIMカードは、NTTドコモのMVNOサービスのため、NTTドコモの回線を利用します。通信速度は、月1GBまでLTEサービスとなり、1GBを超えると150kbpsに制限されます。b-mobileは、「b-mobile U300」(使い放題で速度300kbpsに制限)もありますが、料金としては同じくらいですので、スマホメインで大きなデータのやりとりをしないのであれば、「b-mobile 4G」が良いでしょう。

20130507211415
続きを読む
エクスパンシス









Amazonライブリンク



スマートフォン ブログランキングへ

楽天市場
  • ライブドアブログ