EXPANSYSより、GALAXY Tab S 10.5インチLTEバージョンをお借りしましたので、レビューします。

日本版は、WiFi版のみですので、SIMフリーのLTEバージョンは、EXPANSYSなどにて、海外版を使う必要があります。
左が日本版のWifiバージョン、右が海外版のLTEバージョンです。大きさは全く一緒です。

20140731215800
海外版には、SIMスロットがあります。ドコモやドコモMVNOのSIMが利用可能でした。
やはり、低速でも良いので、SIMを内蔵できた方が、持ち歩くユーザーには便利だと感じます。

20140731215802


海外版は、日本語ロケーションは非搭載でした。ブラウザなどで、日本語表示は可能です。
なお、日本語化できるアプリMolocale 2を入れたところ、rootやpmコマンドの入力を求められて、端末単体では、日本語化が不可でした。

20140731215804


GALAXY Tab Sは、10.5インチと8.4インチバージョンがあります。どちらも、薄く軽いため、持ち歩きもしやすいです。

CPUは、オクタコアを搭載して、高速と省電力の両方に対応しています。

またディスプレイが有機ディスプレイで、発色が非常に良く、とてもきれいです。RGBセンサーを搭載しているため、環境に応じて、ディスプレイの色温度も変化させて、見やすく工夫されています。動画や写真を楽しむユーザーにお勧めの機種です。

EXPANSYSにて、10.5インチ、8.4インチ、SIMフリー版、Wifi版を販売中です。


icon
icon