※moperaに接続できましたので、文中を修正しました。

EXPANSYSより、SIMフリーiPhone 5s(香港版A1530)をお借りましたのでレビューします。ブラックの32GBです。

DSC03710_R
見た目は日本版と変わりません。言語で、日本語を選べば、日本版と同じように日本語表示や入力が可能です。

DSC03721_R

同梱物です。ACアダプターが香港に合わせた形です。

DSC03714_R


裏面に、A1530と型番があります。日本版はA1453です。対応周波数が違います。

DSC03723_R

iOS 7.0でした。キャリアのバージョンが、残念ながら15.1.0でした。ドコモのSIMを挿しても、APNの設定が手動でできないバージョンです。APNは、構成プロファイルから設定します。

DSC03727_R

NTTドコモのSIMカードを入れた場合、通話はできますが、通信ができません。spモードも、moperaも接続できませんでした。spモードには接続できませんが、moperaには構成プロファイルをインストールすることで接続できました。

DSC03733_R

続いて、IIJmioのSIMカードを挿してみます。

DSC03735_R

IIJmioは、構成プロファイルをインストールすることで、ネット接続が可能です。IIJmioのページにて、構成プロファイルは配布されています。

20130925175130_original_R

インストールします。

20130925175137_original_R

ネットに繋がりました。ただし、LTEは利用できず、3Gのみとなります。

20130925175159_original_R

インターネット共有は利用不可です。

20130925175223_original_R

なお、技適マークは表示されませんでした。

20130925175214_original_R





SIMフリーiPhone 5sは、EXPANSYSにて発売中です。海外で利用する機会の多いユーザーは、手に入れておきたい端末ですね。

icon
icon