EXPANSYSより、SIMフリーのOppo Find 5(X909 International、16GB版)をお借りしましたので、レビューします。Oppoは、日本では馴染みのないブランドですが、中国やアメリカで人気のスマートフォンブランドです。Find 5は、5インチディスプレイ搭載のフラッグシップスマートフォンとして、XperiaやGalaxyに匹敵する性能を持っています。5インチスマートフォンの中では、比較的安価なため、入手しやすい端末です。写真にて紹介します。


5インチ、解像度1080pのIPDディスプレイを搭載しています。OGS技術で繊細な画質となっており、画面は綺麗です。
DSC04874_R
裏面です。裏蓋は開かないスタイルです。バッテリーは2500mAh。カメラは13MPカメラ、120FPSで動画撮影が可能です。NFC対応です。

DSC04876_R


Androidのバージョンは4.1.1。

DSC04886_R


内蔵メモリは16GBモデルのため、約2GBと約11GBの利用可能のメモリ領域があります。

DSC04888_R


LTEには非対応のため、3G通信となります。

DSC04890_R


日本語ロケールは搭載していませんが、アプリ「MoreLocale2」にてワンタッチにて日本語化できます。

DSC04892_R


日本語入力は、OpenWnnなどインストールすれば、入力可能です。

DSC04894_R


ブラウザやメールの日本語表示に関しては、「MoreLocale2」を入れなくても、フォントが入っているため、表示が可能です。

DSC04896_R


AntutuベンチマークをGALAXY S4と比較。どちらもオクトコアのCPUを搭載していますが、CPUスピードの差で、スコアに差が出ています。実用の感覚では、全くスピード差を感じません。シンプルなメニューの分、Find 5の方が速く感じるほどです。

DSC04898_R


CPU-ZによるGALAXY S4と比較。

DSC04900_R


Oppo Find 5は、他の5インチスマートフォンに匹敵する高機能で、非常に使いやすくなっています。特に高精細な液晶の品質が素晴らしいです。また、筐体に全体的に高級感があり、GalaxyよりもHTC OneやLumiaに似た雰囲気がある端末です。

16GB版は、7月17日現在で、48,000円という価格になっていますので、入手しやすくなっています。お勧めのスマートフォンです。

icon
icon