SIMフリースマートフォンのHTC chachaを紹介します。この端末は、2011年6月に発売されたので、もう2年前になります。特徴としては、Facebookボタンを搭載していることで話題になりました。BlackBerryタイプのストレート型でミニキーボードを搭載しています。何故、今更レビューかと言いますと、発売時のAdnroidのバージョンは2.3.3でしたが、カスタムROMにて4.0.4にして利用していると、そこそこ使えるため、Evernote専用端末として利用していますので、紹介します。

ディスプレイ:は2.6インチ、120gの小型の端末です。解像度も480×320、超低解像度です。
DSC02877

Facebookボタンが印象的なキーボード。キーボードはボタン型ですが、非常に打ちやすいです。
DSC02879


日本語入力は、OpenWnn QWERTYにて入力できます。shift+spaceで日英の切り替えも可能です。
20130617191029


ちなみに、カスタムROMの4.0.4は日本語ロケーションを搭載していました。
20130617204310


Android端末としては珍しく、通話ボタンと終話ボタンがあり、電話として使いやすいです。
DSC02887


特徴的なのが、キーボード部分が弓型になっていること。手で持って打ちやすくなっています。
DSC02881


裏面です。
DSC02883


b-mobileなどの通信専用SIMで利用すると、セルスタンバイ問題があり、バッテリーの消費が大きくなりますが、CPU Tuner(要root化)などにて、画面オフで通信オフをすることで、スタンバイ中のバッテリーの減りを軽減することができます。
20130617191028


この端末の問題としては、内蔵メモリが512Mbyteしかないことです。初期状態で、空きメモリが200Mbyte以下しかありませんので、いくつかアプリを入れて、ブラウザのキャッシュが溜まるとメモリがすぐにフルになってしまいます。使うアプリを絞り込み(私は、ブラウザとEvernoteのみを使っています)、「アプリキャッシュクリーナー」などで、まめにキャッシュのクリアをする必要があります。
20130617204231


CPUも800Mhzと低速ではありますが、テキスト入力専用端末として使う分には快適に使えます。内蔵メモリ不足のため、公式ではAndroid 4.0へのアップデートは見送られましたが、カスタムROMでアップデートができましたので、現在も愛用中です。

カスタマイズのメモは以下にて公開しています。
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/00000701/p1

もう市場には出回っていない機器だとは思いますが、まだ現役で活用していますので、紹介しました。

HTC CHACHA キーボード搭載 SIMフリー [エレクトロニクス]