SIMフリースマートフォンの魅力とは、好きな端末で、好きな通信キャリアのSIMカードを選択できる、というユーザーに自由度が生まれることです。

それでは、日本におけるスマートフォンの現状はどうでしょうか。

残念ながら、日本で発売されているスマートフォンのほとんどはSIMロックがかかったものになっています。通信キャリアで販売されている端末は、その会社のSIMカードしか使えません。例外的に、メーカー直販のスマートフォンが、僅かではありますが、SIMフリーとして販売されているのみです。

SIMロック解除に関しては、NTTドコモにて実施はされていますが、テザリング規制のためか、テザリングのAPNは固定のままとなってしまい、他社のSIMカードではテザリングが不可になっています。ソフトバンクに関しては、孫社長の後ろ向きな発言もあり(SIMフリーのニーズがないので提供しない、という発言)、今後も見込みはないでしょう。auに関しては、キャリア内ロックさえかかっているため(au同士の端末でもSIM交換して利用ができない)、SIMフリーの見込みは低いでしょう。

このような環境の日本において、SIMフリースマートフォンを利用するためにはどうしたら良いでしょうか。
一つの方法としては、海外で販売されているSIMフリースマートフォンを購入して利用することです。この場合、技適の問題があり、技適マークのない端末にて、日本国内で通信をすると違法扱いとなります。ただし、解釈として、日本国内でおいても、海外のSIMカードを挿したSIMフリー端末で使う分には、海外の渡航者が日本に来て、自国のスマートフォンを利用する場合と同じ扱いになるため、違法にならない、という説もあります。

もう一つの方法としては、日本のスマートフォンを、自前でSIMロックの解除をする方法です。ここでは、SIMロック解除方法を詳しくは述べませんが、SIMロック解除後もスマートフォン自体は技適を通っていますので、他社SIMを使うことに問題はありません。しかし、自前でSIMロックの解除行為に関しては、意見が分かれるところです。

そして、合法な手段としては、技適の通ったSIMフリースマートフォンを利用することです。海外で販売されているSIMフリーiPhoneは、実は、日本の技適マークが付いており、日本で利用することに何ら問題がありません。また、通信キャリアを通さずに、メーカーから量販店などにて、SIMフリースマートフォンが販売されている機種も僅かながらあります。こちらも、技適マークが付いています。

いずれにせよ、日本においては、SIMフリースマートフォンを利用するのは、なかなか厳しい状況です。それでも、自由を求めて、SIMフリースマートフォンで苦労する(もしくは、楽しんでいる?)ユーザーは、少数ですが存在しています。

端末の調達や、SIMカードの設定などで、苦労は多いのですが、SIMフリーの自由の世界が利用できるのであれば、その手間は惜しくありません。ぜひ、SIMフリースマートフォンの世界をお楽しみください。