日本で発売されているスマートフォンの多くは、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIなど、通信キャリアより発売されている端末です。多くの場合は、年間契約などで、割引により購入できるメリットはありますが、一方ではデメリットもあります。

それは、通信キャリアから発売された端末は、SIMロックがかかっており、その通信キャリアの回線しか利用ができないようになっています。ドコモの端末はドコモでしか使えないのは常識でしょ?と、今まで携帯電話を使っていたユーザーは思ってしまうところです。

実は、この常識と思っていたことが、ユーザーから自由を奪っているのです。例えば、3G回線のSIMフリー端末であれば、3Gに対応しているNTTドコモとソフトバンクのどちらの回線でも使うことができるのです。さらに、LTEであれば、LTEの周波数帯に対応している端末であれば、ドコモ、ソフトバンク、auで利用することが可能になります。

これは、携帯電話時代より、携帯の電話番号などの情報は、SIMカードというものに保存されており、そのSIMカードを携帯電話に挿すことで、その電話番号による通話や通信が可能になる、というシステムのためです。日本の携帯電話ユーザーは、このSIMカードの存在を知らない場合が、ほとんどでした。
スマートフォンが販売されるようになり、家電量販店などの店頭では、購入時に、端末本体とSIMカードを別々に用意し、店員さんが端末にSIMカードを挿入するようになりました。もしくは、機種変更時は、古い端末より抜いたSIMカードを新しい端末に挿入するシーンも多く見られます。

このSIMカードの存在を知ると、他の携帯にSIMカードを挿せば、同じ電話番号で利用できる、ということを理解していきます。例えば、機種変更した場合、残った端末にSIMカードを挿せば、また利用ができる訳です。以前の携帯電話であれば、機種変更してしまった携帯は使い道がなかったのですが、SIMカードのシステムになってからは、このように端末の使いまわしが可能になりました。

つまり、ユーザーは端末と契約するのではなく、このSIMカードに紐づいている電話番号と、通信キャリアと契約を行う訳です。しかし、日本の通信キャリアにおいては、長期契約による縛りを元に、端末にSIMロックをかけ、他社のSIMカードを使えないようにしています。さらに、KDDIの場合は、キャリア内ロックもかけており、同じauの端末であっても、ショップにて、SIMカードと端末を紐づける作業をしないと使えないようにロックがかかっています。

考えてみれば、端末代金を分割支払いでも、全額を支払った後であれば、その端末はユーザーのものであるはずです。自由に使えるはずです。しかし、その端末のSIMロックを外すことができませんでした。他社のSIMカードが使えなかったのです。

近年になり、NTTドコモは、有料でSIMロックを外すサービスを始めました。しかし、スマートフォンの目玉機能であるテザリング機能のAPNが固定となり、利用ができない、という中途半端なサービスになっています(機種によっては、テザリング機能が利用できるものもあります)。

SIMカードと端末を別々に運用することで、ユーザーの自由度は大きく変わります。ユーザーは、自分の使いたい端末で、自分の使いたい通信回線(SIMカード)を利用することで、選択の自由度は大きく変わってきます。例えば、ドコモからiPhoneが発売しない、ということがあっても、SIMフリーのiPhoneがあれば、ドコモユーザーもiPhoneが利用できるようになるのです。

SIMフリー端末の現状はどうなっているのでしょうか。次回、ご紹介します。